Trustとは?

What is Trust?

 

 

Trust Firm belief that a person or thing may be relied upon.

信頼: たしかだと信じて受け入れる事。

 

 

Trustの必要性:

ビジネスでIdea/knowledge時代にTrustがものすごい重要になった。

Trustがないと、人は捧げない(コミットをしない)し、協力もしない

 

特に、日本の会社と海外の子会社の間にTrustレベルが低い

 

日本の会社の注意ポイント:

* 海外子会社にコミュニケーション不足と

              = > Trustがなくなる。

* 海外子会社と仕事をするの場合、日本側で裏の活動があったら 

              = > Trustがなくなる。

* 海外の子会社のエグゼクティブが日本からだったら

             = > Trustがなくなる/Talentが入らない。

* ある決定に対して、決定の理由をはっきり説明しないと

           = > Trustがなくなる。

 

Trustの例:

ある日、Southwest Airlinesのexecutive vice president、Gary Baronさんは廊下でCEO、Herb Kelleherさんに会った。$700 Mメンテナンス部の再組織に対して、Gary Baronさんは再組織プランの3ページの要約を渡した。Kelleherさんは要約を読んだ、小さいな提言をして、ゴーサインを出した。4分以内で、再組織を決めた!。彼らの間にTrustがあった及びチームのスキルにもTrustがあった。

 

 

Trust不足の例:

Ford社はサプライヤーたちとデザインやプロセス改善のためのフォーラムがある。そのフォーラムから出てきた改善は決定からインプリメンテーションまでに89週かかった。実際にその中、39週は直接にTrust不足(不信用)の関係だった!。例えば、情報やアイデアを共にしなかった。

 

 

 

** Trustと同時に価値観(Values)とビジョンとスキルがあったら、日本の会社の数々のルールやステップやミーティングのシステムはいらない。**

 

 

Trustを強化するポイント:

l       l       コミュニケート!コミュニケート!コミュニケート!(下手な英語でもOK)

l       l       ある決定の前に海外関連グループに相談して、そして決定の理由をはっきり

説明する。

 

 

トップページへ