The Manager

 

 

現代のビジネスではmanagerの主な仕事は人のperformanceを引き出す事。

Managerの仕事は:

― 人を選ぶ。

― 方針(Direction)を与える事(Performanceをフォーカスする)。

― Expectationsを設定する。

― モチベーション/インスピレーションを与える事。

― 個人的な成長を助ける。

― スキルサポートを与える事。

等。。。等

 

個人、個人のモチベーションが違うので、managerは個人に適切なレスポンス/モチベーションを与えるべきである(そのため、勉強が必要かもしれない)。

その事をしない人はmanagerではなく、administratorである。

チームメンバーは違う考え方/文化があっても、managerは適切なレスポンス/モチベーションを与えなければならない。

宇宙人がチームに入っても、managerは宇宙人に適切なレスポンス/モチベーションを与えなければならない。

それはmanagerの仕事である。

 

その事によって、

「私は日本人ですから、そのことに合わない」は容認されず。

「私は適切なマネージメントスキルやtalentがない」は容認される。

 

実際に国の文化の違いより、個人的な違いが大きいである。

日本人のAさんとBさん及び外国人Gさんが居たら、AさんとGさんのモチベーションは似ているかもしれない。一方で、AさんとBさんのモチベーションがずいぶん違うかもしれない。

 

海外の観点から、日本人のステレオタイプは少しロボットの様だと言われている。

通常、日本では指示によって、皆がフォローする。しかし、現在海外で多くの場合は、モチベーションによって皆がフォローする。

(もちろん、日本人は本当にロボットだったら、motivation, leadership等は必要ない)

 

 

機器の性能の最適化及びメンテナンスをちゃんとやるのに対して(waferの歩留りやfab稼動率等)、通常、日本人は他人のスペースにあまり入りたくないと思っている。

しかし、現代のビジネスでは競争力に対して、人のperformanceの最適化が益々重要である。

 

 

ある人のperformanceが下がったら、チームのperformanceにも影響があるので、managerはそのperformance問題を解決しなければならない。プライベートの問題かもしれないので、managerは直接には解決できないかもしれない、しかし、解決方法を提案する事はできる。

 

一方、ある人のpassionを引き出すために、managerはその人のtalentとモチベーションの「鍵」を見つけなければならない。

 

私の場合、お金が私のモチベーションではない。

上司は「performanceを発揮しないとボーナスをカットする」と言っても、私は構いません。それは私のモチベーションではない。

 

 

現代のビジネスでは「passionがあるチーム」が十分ではなく。

「個人、個人のpassionを持っているチーム」が必要である。

 

Chicago Bullsバスケットボールチームのように、各ポジション用にtalentとpassionを持っている人を集めなければならない。

現代のビジネスではこの程度のperformanceは必要とされている。

 

ある仕事に対しては、適切な知識やスキルやtalentを合わせ持つ人を選任しなければならない。

そして、managerは連続的にその人のperformanceを引き出して、最大化する。

 

 

(普通マネジャーとgreatマネジャーの違いに対して、本の推薦は:

「まず、ルールを破れ ―すぐれたマネジャーはここが違う」:こちら)

 

 

Top Pageへ