Managerはスーパーマンじゃない!

 

 

Managerは問題解決マスター。

Managerは戦略家。

Managerは金融マスター。

Managerは人材マスター。

Managerはビジョナリー。

Managerは生産性マスター。

Managerはリーダー。

Managerは感情マスター。

Managerは組織マスター。

Managerはプランニングマスター。

。。。。

 

 

本屋のビジネスセクションに行けば、上記のようなテーマ本は沢山並んでいる。

Managerは多くの特徴を期待されているようだが、

無理であろう!

 

Managerはスーパーマンじゃない!

 

Manager = 社長、CEO、executive、部長、課長、プロジェクトリーダー。。。)。

 

 

200年前ぐらい、産業革命から大企業が誕生した。

その企業にヒエラルキーも生まれた。

企業に至る所から(政府、軍等)の組織コンセプトも入った。

そのヒエラルキーやmanagerの仕事は主に製造(product out)中心もあった。

だがこれは最適化された組織/システムではなくて、でたらめなことであった。

 

 

そして、ここ100年の間にmanagementという分野が出てきた。

しかし、managementは古いヒエラルキーの上に載せられた。

 

そのことがまだ残っていて、益々問題になっている。

特に現代のknowledge worker時代に以前のmanagerシステムは全然合わないと思う。

 

グループはmanagerの特徴をフォローする。

例えば、あるmanagerがstrategyスキルのある人であれば、risk managementスキルや人を育成するためのスキル等が相対的に弱いかもしれない。

グループ内でstrategyが偏り、バランスがなくなる。

 

実際、世界中の部/グループ/チームの9割が機能していない(dysfunctional)かもしれない。

特に現代のknowledge worker時代に全然合わないと思う。

 

一人ですべては出来ないと、複数の人を使うことは良いことでしょう。

 

例えば、部/グループ/チームで

人を育成するスキルがある人は、人の育成を担当する。

Strategyスキルがある人は、Strategyを担当する。

Risk managementスキルのある人は、risk managementを担当する。

リーダー特徴を持っている人は、リーダー活動をする。

技術managementスキルがある人は、技術managementを担当する。

 

そうすれば、部/グループ/チームはバランスを持って、最適化したパフォーマンスが出てくる。

 

それは何という?

multi-manager形」か「group形management」何か。

 

現代の競争力は製品/サービス開発からだけじゃなくて、management開発や組織開発も必要である。

 

 

現場ではこのことを考えて、議論し、少し実験してみるのが良いかもしれないい。

 

 

Top Pageへ