3.海外社員は日本へ転勤する

           及び日本側の社員は海外へ転勤する

 

グローバルマネージメントへの取り組みに人材の転勤も有利な対策である。他の会社ではこの事が普通である。日本の会社の海外社員は日本へ転勤する事が有力な対策である。特に、manager/executiveレベルの転勤が一番効果的と思う。実際にそのような人は多分すぐグローバルビジネスに関する障害を発見して、解決する。通常、日本と海外支店の間に大きなギャップが存在している。このような対策の影響はビジネス的な事だけじゃなくて、人間的な事(信頼関係(trust)の構築等)にも大きな影響がある。

 

 

 

日本側の社員は海外へ転勤する

日本の会社がWorld classカンパニーになりたいのであれば、World classマネージメントチームが必要である。そのため、色々なスキルが必要であるので、日本側の社員は海外へ転勤する事が重要な経験になる。そのような人は本当に海外ビジネスcultureに接して、理解したら、有利な経験になる。このような転勤の場合は若いprofessional、ミドルマネジメント、executive等がそれぞれの違う目的で有利な経験が得られる。日本人の場合、外国人の部下及び外国人の上司の経験とそれに対応するスキルも重要である。

 

 

 

Back        Next

 

 

Top Pageへ