マネージメント対策

 

1.   .   マネージメント及びリーダーシップトレーニング

 

Manager/executiveのマネージメント及びリーダーシップのトレーニング/コーチングが重要と思う。現在、日本の会社がW/Wビジネスをやっているので、色々なグローバルマネージメント及びリーダーシップスキルが必要である。

 

Managerコーチング/トレーニングの必要性

例1:

現在、日本のエグゼクティブが海外の子会社のエグゼクティブになったが、日本のエグゼクティブの特徴が海外システムにあまり合わない。

 

理想エグゼクティブ/Manager

通常の日本人エグゼクティブ/Manager

ビジョンを発揮する

ビジョンを発揮しない

Motivation / Inspirationを与える

Motivation / Inspirationを与えない

リーダーシップを発揮する

リーダーシップを発揮しない

戦略的なフィードバックを提供する

戦略的なフィードバックが少ない

人間的なフィードバックを提供する。

人間的なフィードバックが少ない。

マネジャーとリーダーを開発する。

マネジャーとリーダーをあまり開発しない。

責任を果す。

責任(Accountability/Responsibility)をあまり果さない。

勇気を示す。

勇気を示さない。

価値観をはっきり発揮する。

価値観をあまり発揮しない。

 

 

 

例2:

私の友達(日本人)から多分全員が日本のメーカー(NEC,富士通等)のような会社に絶対に入りたくない。彼らはそのような会社のマネージメントを見ると、「もう、だめですようね」のようなコメントが出て来る。20代,30代の日本人が入りたくないと、そのメーカーはあまり将来がない。

 

 

これは現代の日本のexecutive/managerの考え方の問題ではない。これは現代の日本のexecutive/managerの問題だけではない。これはいつでもの時代の日本executive/managerの問題である。必要なスキルと知識を導入しないと、20年後、50年後にも同じ問題があると思う。つまり、必要なスキルと知識はどこから来る?

窓を開けないと、風景画を想像する事が出来ない。静物画だけが出て来る。

 

 

適当なスキルと知識のサポートのために、コーチング及びトレーニングが必要と思う。そのトレーニングを行ったら、2―3年後、各部、各プロジェクトのマネージャーはスキルと知識と自信を持って、ある仕事に対して、適当な対策をインプリメントする事ができる。

         

80年代に技術による競争力の時代が終わって、90年代から海外でTalentによる競争力の時代が始まった。そして、海外の会社はコミュニケーション、リーダーシップ、人間のやり方等のスキルに中心している。一方、日本の会社はまだ主に技術による競争力に中心している。日本の会社ではリーダーシップのようなsoft的な開発が1015年ぐらい遅くなったので、このコーチング/トレーニングは、本当に大切である。

 

 

トレーニング/コーチング内容の例:

 

コミュニケーションスキル:

  ― Trust等の理解。

  ― メディアスキル。

        等。

 

マネージメントスキル:

  ― 海外ビジネススキル(人事スキル、M&Aスキル等)。

  ― 色々な(Worldwide)観点を見る。

  ― 決定スキル。

    等

 

リーダーシップスキル:

  ―リーダーシップの必要性の理解。

  ―リーダーシップ特徴を発育するためコーチング。

    等

 

もうちょっと細かい説明、Appendixをご覧下さい。

 

 

クラス形式またはone-to-oneトレーニングが重要である。しかし、一番効果的な「トレーニング」は経験である。例えば、あちこちの国か、あちこちの会社を経験する事である(次の2、3)。

 

 

 

         Next

 

Top Pageへ